仏教芸術学会  THE BUDDHIST ART SOCIETY

仏教芸術学会規約

第1章 総則
第1条 本会は、仏教芸術学会と称する。
第2条 本会は、仏教をはじめとするアジアの宗教に関わる絵画、彫刻、工芸、建築な
    どの諸芸術および考古学に関する研究発表の場を提供し、その研究の発展に寄
    与することを目的とする。
第3条 本会は、その目的のため次の事業を行う。
   (1) 学会誌の発行。
   (2) その他、本会の目的達成に必要な事業。

第2章 会員
第4条 本会は、本会の目的に賛同し、所定の手続きによって入会申し込みを行ったも
    のをもって会員とする。
第5条 会員は所定の会費を納入しなければならない。この義務を怠ったものは会員の
    資格を失う。
第6条 会員には、次の 3つの種別を設ける。
   (1) 一般会員
   (2) 学生会員
   (3) 賛助会員
第7条 一般会員ならびに学生会員は、学会誌の配付を受け、これに投稿することがで
    きる。投稿規定は別に定める。
第8条 学生会員は、大学、大学院等における学籍を有する会員をいう。
第9条 賛助会員は、本会の趣旨に賛同し、支援を行う個人または法人をいう。
第10条 本会を退会するものは、所定の退会手続きをとらなければならない。

第3章 組織
第11条 本会に次の機関を設ける。
   (1) 運営委員会
   (2) 編集委員会
   (3) 事務局
第12条 運営委員会は、一般会員ならびに学生会員の投票によって選出された運営委
    員をもって組織し、本会の運営に関する事項を決定し、事業および事務を担当
    する。
第13条 運営委員の任期は 4 年とし、再任は妨げない。ただし、原則として定年を75
    歳とする。その選出方式は別に定める運営委員選出規定による。
第14条 運営委員会は、互選によって本会の会長 1 名、副会長 1 名を決める。会長は
    本会を代表して会務を統理し、副会長はこれを補佐する。
第15条 編集委員会は、運営委員会から指名された編集委員長 1 名、副編集委員長 1
    名および編集委員をもって組織し、学会誌の投稿論文の査読および編集業務を
    担当する。編集規定は別に定める。
第16条 事務局は、運営委員会から委嘱された事務局長および事務局員若干名をもっ
    て組織し、本会の運営に関する事務を遂行する。

第4章 会計
第17条 本会の経費は会費、寄附金等をもって充てる。
第18条 会費の年額は運営委員会において定める。
第19条 会計監査は、運営委員会から委嘱された会員 2 名が年度ごとに実施する。

第5章 規約の改定
第20条 本規約は、運営委員会の議決により変更することができる。ただし、本規約
    を変更した場合には、すみやかに会員に周知しなければならない。

付則
・運営委員の定員は 15 名程度とする。
・編集委員の定員は委員長、副委員長を含め 20 名程度とする。
・一般会員の会費は年額 5,000 円とする。但し、海外在住の場合は年額 7,000 円とする。
・学生会員の会費は年額 3,000 円とする。但し、海外在住の場合は年額 5,000 円とする。
・賛助会員の会費は年額一口 10,000 円として一口以上とする。
・会費を 1 年以上滞納している会員は、会誌への投稿の権利および会誌の配布が停止される。
・学会への寄附金は 1 口 5,000 円から受け付ける。
・本会の年度は毎年 4 月 1 日より翌年 3 月 31 日までとする。
・本規約は 2017 年 6 月 10 日より施行する。